商工会青年部とは

~ Central Federation of Youth Leagues of Societies of Commerce and Industry ~

IMPULSE

商工会の会員である商工業者(法人にあってはその役員)またはその親族で、その会員の営む事業に従事する年齢満45歳以下の者によって構成されています。
現在、全国で46,000名余り、北海道内では2,000名余りの部員が、商工業の後継者にふさわしい経営者としての資質向上を図ることで、地域の商工業の総合的な改善発達を図り、あわせて地域社会に広く貢献するための活動を行っています。

北海道商工会青年部連合会組織概要

設立 昭和41年 7月
部数 152商工会青年部
部員数 2,057名
(平成29年4月1日現在)

事業内容

北海道商工会青年部連合会の行う事業は、規約第3条(事業)で下記のとおり定められており、規約に基づいて事業の計画、遂行がなされている。

  1. 商工会青年部の組織及び事業について指導を行うこと
  2. 商工業の振興に寄与する諸行事を行うこと
  3. 商工業に関する講習会等を開催すること
  4. 商工業に関する調査研究並びに海外研修等を行うこと
  5. 商工業に関する情報又は資料の収集及び提供を行うこと
  6. 商工会青年部の親睦と研さんを図る事業を行うこと
  7. 本青年部連合会の意見を本連合会長に上申するとともに、必要に応じて本連合会長の承認を得てこれを公表し、関係方面に建議陳情すること
  8. 社会一般の福祉の増進に資する事業を行うこと。
  9. 関係諸団体との連絡協調を図ること
  10. 前各号に掲げるもののほか、本青年部連合会の目的を達成するために必要な事業。

商工会青年部宣言・誓いの言葉・インパルス

【 商工会青年部宣言 】

<第1回青年部全国大会 大会宣言・平成11年2月3日決議 北海道札幌市>

~かけがえのない人たちと、かけがえのない地域の為に~

われわれは、自己の利益追求のみならず、国家を基盤とした社会の恒久的な平和と繁栄と実現する。
若き事業家として、何人にも侵されない自立した経営を確立し、地域の商工業を躍動させ、地域の一員としてその責任を自覚すると共に先人の教えに学びつつ、未来に向けた活力ある社会を創出する。
この美しい国、日本に生きる者として、地球の環境問題を捉え、我々だけでなく、次世代の人々の為にも、継続的な運動を推し進める。
そして、全ての国家、民族との交流を積極的に図り永続的共生を同じ時代を担う者としてここに誓う。

【 誓 い の 言 葉 】

  • 1.われわれ商工会青年部は、

    創造力と行動力をいかし、

    地域振興発展の先駆者となる。

  • 1.われわれ商工会青年部は、

    商工会の後継者であり、

    将来の中核として組織活性化の推進力となる。

  • 1.われわれ商工会青年部は、

    社会一般の福祉の増進に努め、

    新しいまちづくりの原動力となる。

【 インパルスとは 】

商工会青年部に課せられた問題や事業に取り組むための合言葉として、推進力、心の衝動、刺激の意味を持つ“IMPULSE”をイメージキャラクターとしました。
インパルスの “I”をデザイン化することで日本列島を表現しさらに“I”で始まる次のキーワードを商工会青年部のテーマに掲げて活動しようとする意図を表現したものです。

  • ◆ Independence(自立)
  • ◆ Information(情報)
  • ◆ International(国際)
  • ◆ Incubation(創出)
  • ◆ Intercommunication(交流)

商工会青年部の歌